《愛・地球博》記念市民合唱団

《愛・地球博》記念市民合唱団 プロフィール


Earth Day EXPO 2005 2002年10月に公演された「2005年-愛・地球博-祝祭 トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン スーパー・ガラ・コンサート」のために広く市民からの参加を募り結成された「《愛・地球博》祝祭市民合唱団」が前身である。

 2005年9月25日成功裏に閉幕した「2005年日本国際博覧会(略称:愛知万博・愛称:愛・地球博)」を応援するために、中部3県を中心として多くの市民が年齢・経験を問わずに参集。

 2002年10月11日名古屋市の複合施設「オアシス21」のオープニングを、《愛・地球博》祝祭市民合唱団の初ステージとして歌声で飾った。

 以後、「愛・地球博」関連のイベント・演奏会等はもとより、「名古屋まつり」や「春姫道中」等に数多く出演し「愛・地球博」のPR・応援をしてきた。
活動は国内だけにとどまらず、2003年には渡欧し「愛・地球博」のPR演奏ツアーを、2004年には渡米しNYカーネギーホール等で「愛・地球博」関連楽曲やベートーヴェン作曲「第九」等の演奏をしている。

 「愛・地球博」会期中も、ささしまサテライト会場の開会にはじまり、日本国際博覧会協会主催によるイベントも含めて半年間で10を超える演奏を行ってきた。代表的なものとしては、4月に長久手会場「愛・地球広場」にて開催された「Earth Day EXPO 2005」のオープニングコンサートがある。
 他にも、慰問コンサートや日本国際飢餓対策機構への支援も行ってきた。

 2006年からは合唱団名を「《愛・地球博》記念市民合唱団」とし、今後も「ポスト愛・地球博」の市民参加文化活動として、「愛・地球博」の精神や理念を引き継ぎ、啓蒙となる活動の輪を広げていく。

 なお故本田美奈子.の歌った「つばさ」という楽曲を、彼女が闘病中に立ち上げた「LIVE FOR LIFE」活動の啓蒙の一環として唱い継いでいる。
 2006年7月から公共広告機構「骨髄バンクドナー登録推進」CMに本田美奈子.が採用されたことから、CMで流れる本田美奈子.バージョンの「アメイジング・グレイス」も同様に唱い継ぐこととなった。

 2010年上海万博出演。
 2010年・2011年には藤澤ノリマサと共演。

 主催公演以外のステージ出演や賛助出演等は、「愛・地球博」をPR・応援するために団員はほとんどボランティアで出演してきた。

 国内外の新聞・テレビ・ラジオ等の取材・出演多数。